任意整理のメリットについて

任意整理のメリットについて

債務整理の中でも比較的手軽にできる任意整理なのですが、任意整理にはいくつかのメリットがあります。

 

債務整理の中でも任意整理を検討しているのであれば、そのメリットをきちんと理解しておきましょう。

 

ここでは、任意整理のメリットについてお話ししていきたいと思います。

 

取り立てのストップ

任意整理におけるメリットとしてまず挙げられるのが取り立てのストップです。

 

任意整理を弁護士などの専門家に依頼すると、すぐに手続きを開始してくれます。

 

専門家が手続きを開始することによって、金融機関からの取り立てがストップします。

 

金融機関からの取り立てで精神的に参っていたという方であれば、これだけでもかなり救われる部分があるでしょう。

 

手続きが比較的楽である

基本的に任意整理の手続きというのは、専門家に依頼すれば後は専門家のほうで難しいことをしてくれるものです。

 

することが何もないというわけではないものの、手続きとしては比較的楽でしょう。

 

裁判所に行く必要もありませんし、基本的には金融機関とのやりとりのみになります。

 

しかも、「この借金は整理したけど、あの借金はそのままで」といった選択ができるのもメリットになってきます。

 

住宅ローンや保証人付きの借金に関してはそのままにしておきたいという方もいるでしょうから、そういった方でも安心なのです。

 

財産を処分する必要がなく、過払い金が返ってくることも

債務整理の中でもよく知られている自己破産ですが、自己破産の場合には財産を処分しなければいけません。

 

しかしながら、任意整理であれば財産を処分する必要はありません。

 

必要なものは手元に残しておくことができます。

 

「どんなにお金に困ってもこれだけは手放したくない」というものは誰にだってあるものです。

 

特に、思い出の品や形見であればなおのことでしょう。そういったものを守った上での債務整理の方法なのです。

 

また、過去に過払い金発生していた場合、その過払い金も回収することができます。

 

基本的に債務整理をする前に過払い金のチェックをしておくべきなのですが、過払い金があって、それで借金の返済をする場合、借金が残ってしまうと任意整理扱いになります。

 

ただ、本来であれば払う必要のなかったお金が返ってくることになりますので、過払い金の回収ができるというのも任意整理のメリットといえるでしょう。