任意整理のデメリットについて

任意整理のデメリットについて

債務整理のひとつである任意整理なのですが、メリットもあれば、当然デメリットもあります。

 

任意整理は比較的簡単にできる債務整理の方法なのですが、任意整理をしたからといって万々歳というわけではありません。

 

任意整理のデメリットもしっかりと把握した上で、手続きを進めていきましょう。

 

ここでは、任意整理のデメリットについてご紹介していきたいと思います。

 

任意整理をした情報が残る

債務整理にあたって、「ブラックリストに載る」という表現を見聞きする機会も多いのではないでしょうか。

 

実際にブラックリストという名前のリストが存在するわけではなく、これは信用情報に事故情報が残るということを指します。

 

任意整理をした場合、信用情報に「この人は任意整理をしましたよ」という事故情報が残ってしまいます。

 

それも5年ほど見てく必要があります。

 

事故情報が残っている間というのは、新規の借り入れなどができなくなってしまいます。

 

これは任意整理におけるデメリットといえるでしょう。

 

借金がそこまで減らない

任意整理の場合、基本的にそこまで大きな借金の減額というのはありません。

 

借金の減額自体は可能ですが、だからといって希望通りの額まで減額してもらえるとは限らないのです。

 

そのため、「え、わざわざ任意整理したのにこれだけ・・・?」ということもあるのです。

 

借金も減額されないよりは当然減額されたほうがありがたいのですが、できることならチャラにしたいという気持ちは誰にでもあるものです。

 

そういった気持ちが強い方にとっては、任意整理というのは物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

これも任意整理のデメリットになってきます。

 

手続きがスムーズに進まないこともある

任意整理をする以上、手続きはスムーズに進めていきたいものです。

 

しかしながら、任意整理においては金融機関との交渉が重要になってきます。

 

金融機関との交渉がまとまらないことには任意整理の手続きを進めることができませんので、金融機関の対応次第ではいつまで経っても任意整理の手続きを進められず、時間だけが経過してしまうということもあるかもしれません。

 

金融機関という相手があってこその手続きになりますので、相手次第の出方によって大きく左右されてくるというのもデメリットになってくるでしょう。