ショッピング枠現金化のメリットとデメリットについて

ショッピング枠現金化のメリットとデメリットについて

ショッピング枠現金化にはメリットとデメリットが存在します。

 

特に掲載されている情報の中でも最も記述される内容として、ショッピング枠現金化業者を利用した場合のメリットはかなり業者に都合の良いように宣伝されていることが多いです。

 

まずメリットです。

  • 審査不要で借り入れ可能
  • 申し込みが簡単
  • 即日振込が行える
  • 信用情報機関の履歴に残らない

これは一部で、全てを挙げるときりがありません。

 

きりが無いほどメリットがあるということではなく、内容が無いことまで現金化業者はメリットとして書いているのです。

 

「審査不要」という点に関しては、審査を行ってクレジットカードを発行しているのはクレジットカード会社です。

 

クレジットカードさえ使えれば良いわけですから、元々現金化業者は審査をする必要自体ありません。

 

なにかトラブルがあったとしてもクレジットカード会社と利用者との間のトラブルとなる為、現金化業者が審査をしなくてはいけない理由は特にないのです。

 

強いて上げるならば、クレジットカードを利用するのが本人かどうかの確認くらいでしょうか。

 

「申し込みが簡単」というのも同様の理由で簡単で済むことが理解できると思います。

 

審査する項目が少ないので申し込みも簡単で良いのです。

 

「即日振込」というのもクレジットカード会社のシステムまたはショッピングサイトのシステムが即日対応してくれているだけで、ショッピング枠現金化業者が頑張っているという話ではありません。

 

本当のメリットと言えるのは「信用情報機関の履歴に残らない」という点だけといっても良いでしょう。

 

次にデメリットです。

  • ショッピング枠現金化は規約違反
  • 実際の換金率は低い
  • 悪徳業者に引っかかる恐れがある

ということが挙げられます。

 

何といっても規約違反というのは致命的です。

 

クレジットカード会社の利用規約に明記されていることなので、現金化を行っていることがばれればカードが即利用停止になってしまいます。

 

「実際の換金率は低い」というのも、サイトやチラシに載っている換金率はよく見ると「最高換金率」と書いてないでしょうか?数百万を借りるといった場合で無い限り、換金率は80%をちょっと超えた数字といった程度なので、実は消費者金融から借りたほうが良い「換金率」になります。

 

「悪徳業者に引っかかる」というのは、これは業者が共通して提唱しているデメリットです。

 

なぜこのデメリットを推すのかというと、自分の業界よりも悪い業者がいるよと目線を逸らすことで、ショッピング枠現金化業者のイメージアップを図ろうという意図があるからです。

 

ショッピング枠現金化業者を利用することのメリット、実は少ないのですね。