クレカ現金化のマニュアルマスターを目指して

今も昔も変わらず愛好者が居る謎の資金調達です

皆様はクレカ現金化という言葉を聞いたことがあるでしょうか?クレカのショッピング枠のことというくらいしか普通の方ではわからないのではないでしょうか。

 

これはクレカのショッピング枠を使って現金化を行えるサービスで、「クレカは持っているけれど銀行の残高が残り少ない」といった方が即金を手にすることを言います。

 

こういった業者というのはグレーゾーン商法として国からも利用しないようにときつくお達しが出ているにも関わらず、法で裁けないことをいいことに好き勝手商売をしています。

 

なんというか怖いというイメージがありますね。

 

しかし、こういった業者はオペレーターに女性を起用するなどして表面上は良いイメージを作っているので利用者が結構いるようです。

 

「利用者」というのが気になるところだと思いますが、実はこの「利用者」には女性が多い様子で明らかに女性をターゲットにして女性スタッフを常駐している事をメリットとしている業者や、女性の嗜好を意識したのか可愛いデザインのサイトまであります。

 

また買い物依存であったりギャンブル依存だったりする人が、来月は来月、今なんとかなればいいという気持ちから利用しているようです。

 

この「利用者」となる人は割と身近なところに存在しています。

 

そんなクレカ現金化サービスにもトラブルが多く報告されていて、キャッシュバック方式というやり方で換金をしようとしたのに言われた額より少ない金額しかキャッシュバックしてもらえなかったといった話や、サービスを利用していたことを忘れて後日家に配達された商品を家族に見つかって問題になったという話、うっかり翌月の支払い分を滞納してしまった為に発行元の会社からクレカを止められてしまったという話が聞かれます

 

また、キャッシュバックをもらう際に手数料がいるという話を聞かされ、手数料をぼったくられたというトラブルや、家族にクレカ現金化サービスを利用したことをばれたくなかった為に商品を受け取らずに起こった業者とのトラブル、発行会社もしくはクレカ現金化業者から直接会社に電話連絡をされてしまい借金のことがばれたといった話もあるそうです。

 

ショッピング枠を換金目的に利用したことで、周囲から孤立してしまったり、職場からの信用をなくしたり、金融企業からの信用を失ったり、最悪の場合職を失ってしまうなどのケースに発展しかねません。

 

最近よくネットやチラシなどで目にするようになり気になって調べてみたらこの有様という感じで、目も当てられない情報ばかりが飛び込んできました。

 

皆様のご家庭にもこういった業者からのチラシが来ていたりしませんか?こういった業者はトラブルの元となるので注意しましょう。

お金が必要な時ってどんな時を想像されますでしょうか?社会人になれば多くの人が何かしらの収入源を持ち、日常生活以外でかかる大きな出費は引っ越しや結婚などのライフイベント、車や家の購入もその一つに数えられることでしょう。

 

そしてお金を使いたいという欲求は大人だけでなく未成年者も同様です。

 

使う目的は同じでは無いとしても、少ない人生経験から本人はそれが凄く大事な出費対象と感じている事もあり、それが誤った判断である可能性を保護者や法定代理人がしっかりと見守る必要があります。

 

クレジットカード現金化はショッピング枠の残高さえあれば来るもの拒まずという形態で営業されていることが多いようで、表題にもある未成年者に関する記述は告知しているところもあれば全くしていない業者もあるなどピンキリの様子なのが現実です。

 

未成年でもクレジットカードを所有する事は可能で、親名義を大元にして子供名義で磁気カードを発行できる仕組みもありますし、学生専用のタイプまで存在しています。

 

もちろん通常の機能ではなくキャッシング枠が利用できなかったり、利用限度額に制限が設けられている事になりますが本質的な機能は全く一緒です。

 

業者をおすすめしている比較サイトの中には堂々と未成年者も学生の身分でも利用できる業者として紹介しているサイトがあります。

 

今回は注意喚起の意味合いも含めての記事になりますが、「18歳(未成年)でも無審査でお金を借りられる」というタイトル付けのサイトの事ですが、そもそも未成年が無審査でお金借りられるサービスを提供するサービスはクレジットカード現金化ではありません。

 

サイト構成を見ますと広告報酬を得るためのミスリードを狙っているようで、真に未成年者の事を考えた内容では無いのです。

 

実際に紹介しているサイトに対して未成年者であるという前提で問い合わせをしてみたところ断られてしまいました。

 

そういう比較サイトがあると店員にはお伝えさせて頂きましたが、悪徳業者として業者を掲載する比較サイトもあれば、比較サイト自体が悪徳な場合があるという事です。

 

特に何も知らない利用者の立場からすれば検索結果による情報閲覧は本来有益なモノでなければなりませんし、そのような情報弱者を狙う不届き者には気を付ける必要がある事を未成年者が理解できるでしょうか。

 

未成年者&学生ながら親元を離れて暮らし、学費等も自立して頑張っている方もいるでしょう。

 

もし該当される方で見てくださっている方は、頼るべきを間違えていると改心していただきますようお願いします。

続きを読む≫ 2016/12/19 17:19:19 2016年12月

クレジットカード現金化をすることで確かにこれまでに抱えていた精神的苦痛が無くなりました。

 

幸いにも、普段からクレジットカードを使って生活費の諸々を支払っていましたし、特に滞りなく支払い続けることが出来たので、こちらから申告しなくても勝手に与信枠が引き上げられていきました。

 

最初、確か発行申請時にショッピング枠は10万円、キャッシング枠は5万円くらいで申込みをしたと記憶していますが、今ではなんと70万円まで勝手に引き上げられています。(笑)

 

ワタクシがなぜクレジットカード現金化をするに至ったかと言いますと、お恥ずかしい話ですがギャンブルで御座います。。。

 

深夜より回転するスロット屋さんに足を運んだことがキッカケで、最初はポコポコ当てて勝っていたことに調子に乗り、どんどんのめり込んでしまいました。

 

激しい収支バランスに嫌気が指し、昼間のお店に足を運ぶようになってからは、当然勝ち幅も狭くなり、増えるどころか減る一方になってしまい、挙句の果てに生活費に手を出すまでに至りました。

 

パチンコの横に細い路地が有り、なんか良い事無いかな〜なんてふて腐っていたところ、店舗型のクレジットカード現金化業者が有ったわけです。

 

消費者金融に言ってパチンコでお金をすったんで貸してくださいなんて言える度胸が無い私は、もうこれしか無いと思い、期待と不安を胸に頂きながら入店した訳ですが、意外や意外。

 

怖いお兄さんが登場するのかな、なんて思っていましたが30〜40代の小奇麗な女性の方が応接してくれました。

 

イメージと大分かけ離れた現実に安心することが出来、換金に到るまでの説明は随分頭に入りやすく簡単に理解できました。

 

とんとん拍子に最寄の電気屋さんで指定された商品を購入し、その場で現金を受け取ったのですが、やはりナニワ金融道に出てくるようなコワモテの方には出くわしませんでした。

 

たまたま私が利用していた店舗が良かっただけなのかもしれませんが、申込みの際に自宅住所や電話番号といった個人情報を記入したものの、営業電話が掛かってくることも無く、怪しげな手紙が届くこともないのでネットに掛かれている批判系の情報も若干話を持っているんじゃないかな〜とさえ感じます。

 

批判系の情報はクレジットカード現金化を称賛する情報よりも圧倒的に数が多いのですが、記事を発信する方が実際に申し込んだとする体験談では無く、あくまですべて予測の範疇で記事を書き綴っている、特にアフィリエイターと呼ばれる広告報酬目的の方がキャッシング案件に誘導する為のコンテンツネタとして応用されている方が目立っており、正直どっちもどっちだよ〜なんて思ってしまいます。

 

まあ、ネットに疎い方ですと尚更騙されてしまうのかもしれませんが、老若男女問わず使えるネットの世界ですから、いずれ今の若い方が年を召した時の下の世代は、今現在より情報通信に精通した国民だらけになっており、アフィリエイターという言葉も死語になるかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/11/25 15:15:25 2015年11月

クレカ現金化にも流行の手口と廃れている手口が有りますが、業界全体が既に廃れていますので一利用者には気付かないことと思います。

 

サービスを提供していたものの逮捕を受けてから、手段が巧妙化してきており、それまでは単純に広告を出して来た客にキャッシュバックをしたり買取を業務として行っていたようですが、前回記事のようにグループ店舗を運営する業者が比較サイトを自分たちで作成したり、中にはこれまでのBtoCの仕組みからCtoCで換金を出来る換金市場の誕生も目新しい出来事です。

 

特にその有名な換金市場の先駆者、パイオニアと呼べる存在はamatenです。

 

最初は青年実業家が個人で立ち上げたkonozamaというAmazonギフト券買取業者から始まり、現在の2代目の投資家に売却されたコトでさらなる広告の露出とともに知名度も増していきました。

 

当初はクレカ現金化をする為の取引所としての認識でしたが、広告の掲載先もライフハックを専門にした雑誌への掲載などもあり、お得に買い物をする為のチケットショップとして認知され始めたのは、あくまでも表向きな建前。

 

実は、この誰もがこの換金市場を利用できる仕組みから、あらゆる詐欺集団の決済手段として取り入れられるようになりました。

 

最近になって聞きませんか?電子ギフト券を詐取する手口のニュース。

 

あれ、全部Amazonギフト券だと思って間違いないですからね。

 

決済代行会社を詐欺業者が契約する必要も無く、決済管理はAmazonで行わられいますので、業者はクレカ決済については知らぬふり、つまり購入を指南しそれを送らせるという手順ですが、これまで無かった手口からまだまだ世間的な認知度が低い事によって被害に収まる気配がありません。

 

しかし、その世間的な認知度が被害の問題では無く、換金を実現する事が出来る換金市場の存在が最も悪徳なのです。

 

事業者はあくまでも仲介をしているに過ぎず、購入後のトラブルは30分以内に申告すれば対応するけど、経過したらあとは知りませんという最低な中抜き商売。

 

さらに、これまで検挙されていない事を良い事にラジオにCMを流す業者も出て来ていますが、前述したパイオニアのamatenは金融機関口座を凍結されるなど、次第にこの手の商売がAmazonで禁止行為にしているだけに逮捕者が現れても可笑しくはない商売です。

続きを読む≫ 2015/10/11 17:20:11

クレカ現金化の広告で一番有名だった媒体・・・覚えていらっしゃいますでしょうか?2ちゃんねるのTOPページのPR枠です。

 

waybackmachineというサイトで、過去の更新記録を閲覧する事が出来ますが、2chからクレカ現金化広告が全廃されたのは私が覚えている限り約3年前。

 

なぜこうした歴史を知っているのかと申しますと、私が未来検索ブラジルさんに問合せをした事がキッカケで、恐らくこれまでもお得意スポンサーさんとして付き合っていたのでしょうか、サービス自体の概要を詳しく知らなかったようです。

 

私が問い合わせをしてからサービスの内容をお調べになったのか、当時全国で初めて逮捕者が出たニュースが飛び交っていた頃でもありましたので、クレカ現金化に関わる全ての広告が掲載停止になりました。

 

これは業界に大きな激震が走ったのではないでしょうか?業者としてはまずこの広告枠に掲載する事がセオリーであり、日本一の広告枠が無くなったのですからね。

 

2ちゃんねるからクレカ現金化広告を排除したのは紛れも無く私のキッカケです(笑)

 

なんとあそこの掲載枠は当時月額50万円で販売されていましたので、おおよそ5〜8店舗ぐらいは掲載されていましたが・・・大きな利益ですよね。

 

特にこの掲載枠をメインにしていた「みどりカード」は、その後閉店にまで至っております。

 

一時期は各所で見られたクレカ現金化は、今現在ではいろんあ商法が有る中でも数少ない超隙間産業と化しており、将来的に無くなることは目に見えております。

 

これまで広告枠を販売していたメディアサイトが公安委員会の注意を受けて閉鎖の動きが進み、時が経過した後もメディア運営をする会社や個人が増えず、検索エンジンの順位決定アルゴリズムが複雑化した事、世間体として反対の議論がされており、需要はあるようで利用者の絶対数が少ない事により、新規参入したとしても廃業に追い込まれるような業界です。

 

そのような動きが年々厳しさを増しているのですから、業者は自分たちのグループ店舗への集客の為に比較サイトを自作しているのが現状で、有名どころで言えばH.Rグループでしょう。

 

こちらは売られている掲載枠を高いお金を出してでも買い占めており、これまでの老舗業者を飛ぶ鳥を落とす勢いで新規顧客を募っています。

 

しかし、接客対応が基本的に汚いのですべての申込み客が利用しているのかは存じませんが、一線で戦うモノは常にリスクも一線で受ける事を気にしてか各社で意外と新規顧客の集客方法は異なるようです。

続きを読む≫ 2015/10/11 16:28:11

キャッシュバック型クレカ現金化とは、世間一般的な企業でも行われている利益還元型サービス・キャンペーンのコトを言います。

 

現金ではありませんがクレカのポイント還元や各会社で独自に発行しているポイントサービスや、現金であれば家電購入や携帯電話会社の乗換、ふるさと納税に到っては金券や電子マネーを還元している自治体すらあります。

 

還元そのものに違法性は無いのですが、どの企業もそのサービスを"売り"にしないように自主規制を促しているのですが、完全にこれは各々の裁量によって判断されていますので、先ほど例に挙げましたふるさと納税において、電子マネーやギフト券を還元する自治体に対しては、省庁から注意されていたコトが話題にもなりました。

 

元々クレカ現金化は新幹線の回数券をみどりの窓口で購入し、店頭で買取ってもらう事が主流でしたが、足を運ばなければいけないことと、インターネットの世界が誰にでも手に入れられる環境が整ってきたことで無店舗型のキャッシュバック型がシェアを獲得するようになって現在に至ります。

 

現に店舗型の業者は相次いで閉店をしており、全国各地どこでも店員とも顔を合わせずに済む事がウケているのか、サービスに関わるキーワードで検索を行っても、表示される結果において店舗型のページが見つかる事はそうそう有りません。

 

そして、換金までのスピードが段違いに速い事が特徴で、その換金成果地点はクレカ決済が完了する事です。

 

キャッシュバックの多くは商品購入時に対するサービス・キャンペーンとして行われている為に、買取であれば送り返したりする手間が有りますが、これらが一切有りませんのでクレカ現金化の方法として一番マストであるとされる理由です。

 

しかし、全国で初めて検挙された業者がキャッシュバックに似た仕組みで送金をしていた事により、続々と買取に移行する業者の動きが有り、キャッシュバックは違法などと宣伝をしておりましたが、時の経過とともに買取型の業者が逮捕されたことにより、そのような広告文を掲載する事は次第に見なくなりました。

 

自分たちが買取型でやっている事で都合が悪くなるからでしょう。

 

両者ともにまだまだ現役のクレカ現金化方法として機能していますが、評判的にはやはりキャッシュバック型の方が人気を集めているのかランキングサイトで上位に来ている割合として多い印象が有ります。

 

今後はより一層クレカ現金化目的の利用が厳しくなっていくことが予想され、不正利用やトラブルのこれまでの歴史や経験から、発行元団体も知恵を付けており、予め不正利用を自動的に検知するシステムが導入されています。

続きを読む≫ 2015/10/08 13:57:08